松戸市初のコミュニティバスのバスラッピングをいたしました!

12月16日から松戸市中和倉地区で実証運行される松戸市初のコミュニティバスのバスラッピングを

この度、弊社が施工させていただきました。

 

弊社では6月から半年にわたり

・県立松戸高校美術部の生徒様用原稿手配

・審査会選考の際にバスに適したデザインのご助言

・審査会決定案デザインのスキャニング及びバス用にデジタルデータ化

・松戸新京成バス様と松戸市と最終ラッピングカーデザインお打ち合わせ

・ラッピングバスの記念品企画・提案・制作(ラッピングミニカー・クリアファイル・カンバッチ・マグネット)

・ラッピングバス施工

等半年にわたり行い、時にはご助言等もさせていただき、実証運行開始合わせてに計二台のバスにラッピングを施しました。

フロント部分の丸い部分への施工が今回一番の難所。絵合せもあり、かなり技術を要した箇所でした。

またウインドウ部分には松戸新京成バス様と相談し「外からはデザインが、車内からは外が見える」特殊なシースルーフィルムを採用。運転席側の窓は鮮やかな虹のかかる何ともかわいらしいコミュニティバスに。

※虹の部分は「逆さ虹(環天頂アーク)となっています。一年に一度位見られる気象現象。デザインした高校生は

「偶然です!」とお話されていました。

12月10日には松戸市立総合医療センター(※12月27日開院予定)にて

松戸市コミュニティバスのお披露目会も行われました。

式典には多くの方がお祝いに駆けつけ本郷谷市長のスピーチや来賓の方々のご祝辞の後、華やかなテープカット。

皆さまからはバスの仕上がりにお褒めの言葉をかけていただきました。(特に報道関係の方はフロント部分のラウンド部分は技術が必要とわかってくださっておりました)

今回デザインが選ばれた県立松戸高校の生徒さんには記念品が贈呈されました。

コミュニティバスのミニチュア版も弊社で施工いたしました。

これは元々は販売されているミニバスなのですが、カーラッピングと同じ工程で作業をしたので、

まるで本物のような仕上がりとなっております。

 

その他にも今回のラッピングデザインにあわせて弊社でバス写真入りクリアファイル、缶バッチも企画提案し採用されました。

どちらもかわいいと評判です。

松戸市コミュニティバスでぜひ皆様おでかけしてみてはいかがでしょうか?

(バスのバックにはスペースシャトルや梨型のお星様もこっそり入っています。ぜひ発見してくださいね。)

また、松戸市のホームページでも式典の様子などについてレポートしていますので、

お時間のあるときにご覧ください。

http://www.city.matsudo.chiba.jp/matumado/h29/commubus_start.html

ラッピングの美しさ・楽しさにも触れていただいております。